■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50 [PR]ぜろちゃんねるプラス[PR]  

新都社の長文感想や批評やらのスレ

617 :614:2014/08/31(日) 01:30:49 ID:OE0+IrNk0
>>614です。

>>616
物語の説明はやっぱり物語本編内で自然とそして明確にやってあげたいんだ。
その方が親切だと思うし、何よりも面白いと思わない?注意書きなんかを読むよりは。
なので作者さんの案の中なら、主人公が作中で突っ込む形が一番良いと思う。
>>613さんみたいな演出を取り入れつつ徐々にスピード感を出していって、イベント毎にリアクションをちゃんと取らせていけば話としての不自然さは問題ないと思う。

けど…正直多分…読者たちの混乱のほうは拭い切れないと思う…。
そこで「混乱を拭うためのこれからの展開案」をいくつか考えてみた。下に書いておくから参考にしてみて。
もちろん細かい設定や矛盾はきちんと練って処理する必要があるけど。
長くなったので次に続く↓
------------

618 :614:2014/08/31(日) 01:32:07 ID:OE0+IrNk0
続き。「混乱を拭うためのこれからの展開案」
------------
@
>>614で書いたようにナレーションに全て説明(リアクション)させる。
 →一番簡単にできるかつ、この作品のミッション中における3分とはこういうものなんだって説明が容易にできる。
 →コメントが「マジかよw」「ありえないだろ!」って反応になるのが分かっているので次の展開をある程度考えやすい。

A
:ミッションクリア時に主人公の二人に、時間に関する何らかの特殊な力があることを明かす。
:自分を含めた辺り一体の時間が低速化。その能力があるためボスに選ばれたのだった。など。
 →読者が持ったモヤモヤを一気に解消させるねらい。時間が遅くなっていること自体が伏線だった。というオチ。
 →ただ設定をしっかり考えないといけない。

B
:「時間が全然進んでいないギャグ」って形にしてしまう。
:20ページくらい延々とやりとりして事が落ち着いたときに「今ので何秒たった?」「2秒」「よし」みたいな。
:主役二人は普通じゃありえない時間進行を平然と続けて、
:敵だけがずっと「こいつら普通じゃないんだけど!」って突っ込みながら死んでいったり。
 →読者を安心させつつ笑わせるねらい。ただ上手く演出をしないと滑って余計混乱に陥れるおそれあり。


こんな感じかな。自分も作家なので自分の趣味が結構出てるかもだけど。

489KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス